ContactForm7でクルクルして送信できない現象の解決対処方法

contactform7

目次

contactform7でクルクルを止める方法

「昨日まで動いてたのに」とか「Controls for Contact Form 7」で解決したハズなのにまたか!などなどフラストレーションが高まるCF7です。特に、ログイン状態だと送信できるのに、ログアウト状態だと「グルグルする」のは本当にタチが悪いです。

ここでは、100%の解決をゴールとせず、8割の解決法と、残り2割の対処療法をお伝えします。その理由は、Contact Form 7のこの不具合は「非常に緊急性が高く」、解決よりも対処して動かすことが最優先事項だからです。

なので、完全解決はひとまず動くようにしてからゆっくりと原因を探っていただければと思います。

まずは、Ajaxの無効化

くるくるの原因のほとんどはこれで解決します。「既にやっている」という方は、次に進んでください。

まず、「Controls for Contact Form 7」というプラグインを追加します。追加すると、「Customize」タブに、色々と表示されるようになりますので、「AJAX Submissions」のチェックボックスにチェックを入れて「保存」します。

これで解決しない場合は、

Rest APIを無効にする

WordPressを利用している方のほとんどはセキュリティプラグインを入れています。

メジャーなものでいうと、「WPセキュリティ」あたりでしょうか。ログイン中には問題なく、「ログアウトするとクルクルする」という場合の原因は、ほぼコレが原因と言ってよいでしょう。

「WPセキュリティ」ー「その他」ー「WP REST API」タブの Disallow unauthorized Rest requestsのチェックを外します。

その他セキュリティソフトでも同様で、RestAPIを「有効」にしてください。

ログイン時に問題なく、ログアウト時に問題が発生する場合は、必ずログイン条件でなんらかの設定が有効になっているので、それをヒントに探ると良いでしょう。

「これでやっと解決か!」と安心しないでください。ログアウトしてから動作確認です。

この2つの方法で解決しない場合は、原因特定には時間が掛かります。したがって、潔く原因究明を一時保留して、「動作していた時の状態」に戻してしまうという「対処法」に方向転換します。

ROOL BACK(ロールバック)してバージョンを戻す

多くの場合、プラグインやワードプレスのアップデートによって不具合が発生しているはずです。

したがって、ひとまず動作確認時点のバージョンまで戻してしまうのが早いです。過去の動作は確約されているわけですから、未知のアップデートよりもバージョンダウンはローリスクです。

ツールは2つ。操作は非常に簡単で数クリックで戻せます。
プラグインのロールバック「WP Rollback
ワードプレスのロールバック「WP Downgrade
です。それぞれの使い方は検索して確認する方が確実ですので割愛します。

以上、ContactForm7でクルクルして送信できない現象の解決対処方法でした。

Facebook
Twitter
Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

five + 9 =