• 投稿者:
  • 投稿カテゴリー:IT

1月2日に提供が開始されたWindows Updateの新元号対応アップデートの適用により、Excelが強制終了する不具合発生中。

これは1月2日に提供が開始されたExcel 2010用の更新プログラム「KB4461627」によるもので、インストールすることによりExcelが起動しなかったり、操作しようとすると強制終了する不具合が発生しているというもの。ちょうど正月休みに重なったことで、先週末4日が仕事始めだった人がこの不具合に直面したケースが、Twitterなどで相次いで報告されている。Microsoftも5日になって事態を把握し、更新プログラムをアンインストールするよう案内を開始しているが、今日7日が仕事始めという人は注意。ちなみにこの「KB4461627」、新元号に対応するためのアップデートだったということで、今年予定されている改元に向け、年明け早々波乱の幕開けとなった。

追記:Excel 2010用の更新プログラム「KB4461627」のほか、「Office 2010」用の更新プログラム「KB4032217」「KB4032225」「KB4461616」でも不具合があることが明らかになっている。それらの更新プログラムをインストール後、Excelまたは他のアプリケーションで問題が生じる恐れがある。