Event Organiser スケジュールリンクを無効化

wp_setting_800x550

目次

WordPressのスケジュールプラグイン「Event Organiser」(イベントオーガナイザー)は無料で利用できる上、手軽にサイト上で自社のスケジュールを公開するのに非常に優れたプラグインです。

カレンダーの日付をクリックすると詳細ページに遷移する仕様になっていますが、「閲覧だけさせたい」という場合もあります。

この場合、残念ながら「リンクを無効にする」設定がありませんので、プログラムのソースを直接修正する方法を示します。

1.plugins\event-organiser\js\fullcalendar.min.js内の以下をコメントアウト

/*(e.url?' href="'+L(e.url)+'"':"")+*/

2.plugins\event-organiser\js\sqip2.js内の以下を修正

55行目
NAMESPACE = ‘qtip’
に_(アンダーバー)を追加

NAMESPACE = 'qtip_'

200行目をコメントアウト

/* deferreds.push( this._updateTitle(title, FALSE) ); */

209行目コメントアウト

/* deferreds.push( this._updateContent(text, FALSE) ); */

以上で、完了です。

オマケ

デフォルトではカレンダー表示が month yearとなっていますが、この英語圏表記に違和感がある方は、以下の修正で改善可能です。

plugins\event-organiser\includes\event-organiser-event-functions.phpの1384行目

'titleformatmonth' => 'F Y'

'titleformatmonth' => 'Y年 F'

に変更すると、2020年 2月 という風に表示されます。

ついでに、モバイル表示の表示形式も変更しておきます。

plugins\event-organiser\js\fullcalendar.min.js内の

<span class="fc-list-header-right">'+c.format("MMM D")+"</span></td>

<span class="fc-list-header-right">'+c.format("MMM D日")+"</span></td>

に変更すると〇月〇日と表示されます。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
T.Fujiyama

T.Fujiyama

ウェブアプリケーション開発を出発点に、様々なITベンチャー企業を技術面と運用面からサポート。現在は経営者のITブレーンとしてITコンサルティングアドバイザーを務める。