以前、以下の記事を掲載しましたが、商品ページ内に税率プルダウン(10%、8%)が、設置されたようです。したがって、全て「税抜」金額で入力しておき、8%を選択するのがもっとも簡単です。本当は、複数の税率を設定可能な仕様になっていれば、1箇所の変更で済むのですが、そこまでは対応していないようですね。

 

10月1日より施行される、消費税10%+軽減税率(8%)により、取り扱い製品によっては税率が異なるケースがあります。

この様な「複数税率」にシステムが対応していれば、製品情報に設定された税率を切り替えるだけで良いのですが、楽天ストアの場合は、1種類の税率にしか対応していません。

したがって、複数税率に対応する為には以下の様に行うと良いでしょう。

  1. システムの税率は10%で設定
  2. 軽減税率(8%)対象製品は、税抜のシステム自動計算ではなく、税込の価格で個別に設定

この様にしておくと、軽減税率措置が終了した時点で、通常税率への対応がスムーズになります。